Blog

2018/09/03 22:51

楽しかった西寧にお別れして、昆明へ飛んできました。
ついたのは18時過ぎ。
西寧なら昼間の明るさの時間ですが、ここまで来るとうっすらと暗くなり始めていました。
市内へ着きバスを降りると、バイクタクシーが数台待ち構えています。
はじめに声をかけてきたおじさんはスマホの翻訳がめちゃくちゃ過ぎて、
お互い爆笑、話にならず退散していきました。
次にお兄さんが。タクシーよりかなり高いと思われたのでまけて!と交渉していると、
近くにいた中国人女性と黒人男性のカップルが入ってきて、私に加勢してくれたおかげで半値で交渉成立。
ありがとうございます。


夕方の混雑する道路をブーンとバイクで走り抜け、ついたのはこちらの宿。
寝るだけにはもったいないおしゃれユースホステル。
フロントを兼ねたカフェが併設されています。


周りも静かでいい雰囲気です。
部屋に荷物を置いて、もう暗いけどせっかくなので周辺を散歩に。


昆明なんだかおしゃれな街の雰囲気です。
ただ、来るときもそうでしたが到着時間が遅く何もできないのが残念でした。
往路は遅れて深夜2時頃になってしまったので、この日はまだマシかな。


宿は翠湖公園の側。
夜の公園を歩きに行ってみました。


真っ暗。。。
明るい時間に来たかったです。
湖面は蓮で覆われていて、花も咲いているのがぼんやりと見えました。
外灯がなくほんとにぼんやりとしか見えていませんが。


暗すぎてまともな写真もなく残念。
夜の翠湖公園は真っ暗です。
今回の旅では昆明には運がありませんでした。
またいつか行ってみましょう。


遊歩道をぐるりと回り大通りへ。 翌朝のバスの時間を確認しに。
と、問題発生。 フライトは7時台なのに始発のバスは5時半だと言われる。
遅い、、、。運良く間に合っても超超ギリギリではないですか。
下手すると乗り遅れることに。
宿に戻り、フロントの親切なメガネ女子と相談。
彼女が英語が堪能で良かったです。 帰国がかかっているのに筆談中国語では心配すぎます。
乗り遅れるわけには行かないし、バスよりはるかにかかりますが早朝過ぎてタクシーが捕まらない
恐れもあるので、車を手配してもらいました。
一安心して。翌日に備えて早く就寝。
ハラハラの昆明の夜。 この選択のまさかの結果なんて1ミリも予想しなかったのでした。。。