Blog

2018/09/11 00:26

昆明の朝。4時起床。。。
4時半に宿の前にドライバーが来ると言われたので、皆が寝静まった静かな部屋を一人ゴソゴソと後にしました。
朝の路地はふわっと生暖かく、乾燥した西域から日本の気候に近づいたのを感じます。

しばらく待つと、若き日の葉加瀬太郎さんのようなお兄さんがやってきました。
空港へ向かいます。
早朝の道は空いていて、思ったより早く到着。
空港の外はまだ真っ暗、霧に包まれていました。

この後の展開を振り返ると、いくらでも渋滞OK,むしろ車を頼む必要もなかった、ということになるのですが、、、。


もうここからは帰るだけ、とゆるい気持ちで案内を見に行くと、、、衝撃が。
フライトの時間が変更になっている、5時間も、、、。
この時間変更はおそらくメールで通知が来ていたのだろうと思われましたが、旅の間一切メールも電話も使用していないので。
そして、同じく知らずに早起きしてしまった仲間たちが多数、チェックインカウンター前に座り込んでおりました。


仕方なくウロウロ空港内を歩き回ってみます。


早朝から営業してるけどさすがにお客はいません。


24時間営業の店もいくつかあり、深夜に着いたら空港泊も大丈夫そうです。


ちょっと小腹が空いてきましたがあんまり重いものはいらないので、
おかゆセットを頼み一息つきます。
ゆっくり食べてもあんまり時間は経っておらず、ひたすら耐えるのみ。


少しだけ外が明るくなってきました。
早く昼になってくれ、、、。


こんなに時間があるなら、いったん街に出てまた戻って来ることもできそうな気がしますが、
外の天気はこの通り。 かなりの雨と霧☂
やっぱり耐えるのみ。


もう空港内も見るとこないよ、というくらいウロウロしてから、
まさか早まったりしないよね?などというありえない期待をもって時刻を見に行くと、
またしてもショック! 更に2時間の遅れが発生していたのでした。

しかも、これにとどまらずクタクタに疲れてやっとの事で搭乗してから、目をつぶって放心状態のところへ、
”出発は15時です”とのアナウンスがぼんやりと耳に入る、、、。
まだ、遅れる、、、。
救いは、席が非常口横で広かったこと。 そうでなかったら疲れ果ててどうにかなりそうでした。

そして、ここでハプニングが発生。 待ち疲れた女性が乗務員をつかまえてブチ切れる。
なりふりかまわず怒鳴り散らし、自分の携帯を強引に押し付けているのです。
どうやら、どこかに電話をかけさせ遅れたことを謝罪、もしくは理由を説明しろと言っている様子。
渋々、電話をかける乗務員、その後いったん立ち去りますが、もうひとりの乗務員と一緒に戻って来ました。
更に怒鳴りつける女性客。 そして、乗務員の対応ぶりを撮影しているのでした。

こんな騒動が延々続き、女性客の怒りは収まりませんが、話を打ち切られ乗務員は去って行きました。

そして合計約8時間の待ち時間を経てやっと出発!


やっとの事でたどり着いた香港のドミトリー。
予定では午前中に着いて、翌日の乗り継ぎ時間まで余裕の1日のはずでした。
ですが、もう疲れ果ててとにかくご飯とシャワーしか頭に浮かびません。


荷物をおいて晩ごはんを探しに出ます。


疲れ果てたところに追い打ちをかけるような人混み。
初めての香港ですが、疲れた状態で来る場所ではありませんでした。
エネルギーを吸い取られるような喧騒。


ドミトリーを出てすぐの食堂に吸い込まれそうになりましたが、
せっかくなので少しがんばって、香港といえばの重慶マンションまで歩いてみる。


ここまで来たらほんとにもうクタクタで、オジサンの呼び込みに釣られるままカレー屋さんに。
選択肢はいっぱいあったはずですが、完全に思考停止でした。
お味は普通。


お腹は満たされたのでちょっとだけ散策。


他にもいろいろ美味しそうなものあったな、、、。
けどもう入らない。
もう早く寝よう、とドミに帰りました。


翌朝はまたまた早起きして空港へ。
この日は何事もなく予定通りのフライト。やっとの事で帰ります。


帰り道はとんでもなく疲れましたが、今回もいい旅ができました。
空港と機内缶詰体験も今となってはいい思い出です。
訪れた街も、出会った人も皆もまたどこかでつながる事ができたらうれしいと思うものばかり。
素敵な素材にも出会うことができました。
そして、また中国の魅力にハマって行くのです。
次の計画もすでに頭の中に。
近い将来また旅のお話を書きたいと思います。
今回、仕入れた生地もすでに形になっておりますので、ショップをのぞいていただけますとうれしいです。
旅のお話、お読みいただきありがとうございました☆




*おまけの旅情報*
今回は初めて香港経由というルートを使ってみました。
鹿児島から出国できて、中国国内線に乗り継ぎできるということで。
まず、香港エクスプレスで鹿児島~香港~昆明。
昆明~西寧は中国のローカルな航空会社だったと思いますが忘れてしまいました。

安さが魅力の香港エクスプレス、香港を経由してアジア数都市へ就航しています。
が、思いました。 時間に余裕があれば安くアジアを旅することができます。
でも、今回のような事態が往路に起こった場合、現地での予定が大幅に狂い、もし週末の弾丸ツアーなんてつもりでいたら、
ほんとに行って帰るだけになりかねないと思います。
実際、予約後にフライトスケジュールが変更がされ、現地滞在時間がなくなりキャンセルした、というケースもあるようです。
ですので、時間に余裕のある方にはおすすめします☆
少しの休みに詰め込んでという方にはリスク高です。

ただし、これは香港からさらにどこかへと言う場合。
日本~香港間はそれほどストレスなくお得な料金で旅できると思いますよ。
上手に利用して良い旅を♪