Blog

2018/08/21 23:57

次の日の昼には西寧を発たないといけないので、1日遊べるのはこの日が最後。
朝起きると、昨晩の雨はすっかり上がりきれいな青空です。

ところで前日からの断水はどうなったでしょう?
部屋を出ると、まだのび太以外起きてない様子。
恐る恐るトイレをのぞくと、、、これは。。。(T_T) 
のび太に視線を送ると苦笑い、いつの間か用意した大きなボトルの水を洗面器に入れて顔を洗い、
それでトイレも流せとのこと。 水って大事ですね。こんなところに来てつくづく痛感しました。
ぼちぼち起き始めた宿の仲間たちと貴重な水で、朝の支度。
そうしているうちになにげに触った蛇口からゴボっと空気が、そして!
出た!!!水が!
水出た~!と皆で大喜びでした。

水も戻ったところで、この日の行き先は。
最終日にものすごくいい天気だからやっぱり晴れの青海湖を見たい!


宿の仲間たちに、行けると思うけど向こうも天気が良いとは限らないよ、運試しだ。
と送り出されやってきたバスターミナル、着くとすぐにドライバーがたくさん集まって来ました。
皆、青海湖へ行く車の売り込みです。
その中にやたらとハイテンションでノリの良いおじさんがいたので、彼にお願いすることに。
車はこれ、日産のワゴン。乗り合いツアーです。
私がお客第一号、ドライバー氏がんばってメンバーを集めて下さい。
何ならお手伝いを、と思っているところへ第2号、1人旅の中国人男子が来ました。
彼と筆談と片言英語で会話していると、第3,4号の中国人女子2人組が加わって、出発です!


前回行ったときと同じ景色を見ながら。
同じ景色だけど空が青くて気持ちいい。


これなら絶対青海湖もはれてるはず。と確信。


こんな景色を眺めながら


来ました、ここも2度めの日月山


ヤクとも再会


前回は下の方で、花を観察したりして次へ行きましたが、
この日はまだ上まで登ります。


上の方はこんな絶景。


時間があればこの山の谷間をずっと歩いてみたい。


青空とタルチョ


道を挟んでこちらは観光地的日月山。
建物の方は有料です。


ここでしばらく自由時間。


女子二人はヤクに乗って写真を撮ってもらっており、一人旅男子は彼女らの荷物を持って
付き合ってあげているという、優しい好青年なのでした。


私はぶらぶら花を見たり。


景色を撮ったり。


駐車場の方にはお土産屋さんがならんでいます。


他の観光客にまぎれて石屋さんに近づいてみる。


陽射しの下、カラフルな石たちがいっそうきれいに見えます。
売り子さんすごい完全防備です。陽射しがものすごく強烈。
ここで自分用にブレスレットを買いました。美味しそうに見えるオレンジ色の石。
どれもすごくきれいなので、いろいろと見せてもらっていると、時間切れ。
車の方からクラクションで呼ばれました。謝謝、と手を振って急いで戻りました。
青海湖目指して走ります。