Blog

2018/09/03 17:42

9月に入りました。
昼間の太陽はまだまだ元気に照りつけています。
陽射しの中、今年何匹?目かのエイリアンが育っています。


エイリアンというのはこのサボテンにできるつぼみをそう呼んでいるものなのですが、
ツルンとした表皮にモサっとした毛が現れ、育っていく様子がなんだかエイリアンなのです。


このサボテン少し前までこのように他のサボテンと一つの鉢に同居していたのですが、
すっかりぎゅうぎゅうづめになり、


広々一人部屋の新居へ引っ越ししたのです。
そうしたら、、、


約1ヶ月でこんなにムチムチになりました。


元同居人たちも隣の鉢でのびのび成長中です。


この子を青い鉢に入れたのは、マラケシュのマジョレル庭園をイメージしてのこと。
また行きたい場所の一つです。


青い建物と巨大サボテンのお庭。
かつてフランス人画家ジャック マジョレルの邸宅だったものを、後にイヴ サンローランが買い取り修復、
別荘としていた場所です。死後はここに遺灰がまかれました。

マラケシュといえば毎日がお祭りのようなフナ広場ですが、
ここもぜひおすすめしたいお庭です。


当時パリにいた私は、パリ~マラケシュ、バスで2泊3日という路線を見つけ、
さらにマラケシュから最果ての町マアミドを目指すという旅を決行したのです。
砂漠の中のほぼ野宿状態のキャンプ地での星空は、それはそれは美しいものでした。
1ヶ月モロッコを旅して、またバスでパリへ帰ったことをサボテンを眺めながら思い出しました。
そしてモロッコへはまた行きたいと思うけれど、あんな移動手段を使う根性が残っているかしら、、、なんて考えたり。
でもこうして昔の旅を振り返って見るって良いですね。
また出かけようって気になります。